ショパンバラード1番【解説と聞き比べ動画】 | ショパンコンクール中継動画・楽譜CD専門店【ショパンのすすめ】



ショパンショッピング



ショパンバラード1番【解説と聞き比べ動画】

ショパンバラード1番は、バラード曲集の1番OP.23のピアノ曲です。

シューマンがとても気に入った曲でもあります。

バラードというタイトルは、ショパンが初めてピアノ曲に 対して用いた標題だそうです。

ポーランドの詩人アダムミツキェヴィチのバラッドから霊感を得て 作曲活動に役立てたといわれています。

この曲の難かしい箇所は、やはりコーダであるといえます。

六度のテクニックが右手で徹底的に駆使する必要があり、 これをクリアしなければコーダはうまく演奏できません。

右手が自由自在に回るようになるまで、徹底的にショパンエチュードのOP,25-8, OP.10-10などで 練習を積んでおくと良いでしょう。

スポンサード リンク

クリスティアン・ツィマーマン

1975年ショパンコンクール優勝者のクリスティアン・ツィマーマンのバラード1番です。

ツィマーマンのバラードの録音は、ショパンファンから圧倒的に支持を受けています。

この演奏からも分かるとおり、どの音もしっかりと演奏し、安定感を保ち、 圧倒的なスケールの大きい演奏を聴かせてくれます。

ケマル・ゲキチ

1985年ショパンコンクールでは本線直前で落選をしてしまったケマル・ゲキチのバラード1番です。

強いタッチで、スカっとする演奏を披露してくれます。

コンクールでも観衆からは物凄い支持を受けていたにもかかわらず、個性的な解釈が 認められなかったようです。

しかしこの演奏からも明らかな通り、スリリングな魅力に富んだ名演奏です。

ランラン

若さ溢れるランランのバラード1番です。

相変わらずテクニックの冴え具合は絶好調で、難かしいパッセージを 難なくクリアしていて驚かされます。

ホロヴィッツ

ホロヴィッツのバラード1番です。

まだ若い頃の演奏ということでとてもパワフルな演奏です。

ホロヴィッツはとても個性的な演奏をするので好みが真っ二つに分かれると思いますが、 ファンからは圧倒的な支持を受けています。

アシュケナージ

アシュケナージのバラード1番です。

曲全体が非常に安定していて、最後まで安心して聴いていられる名演です。

タッチがとても軽やかで美しく聴く人を魅了しつづけています。

スポンサード リンク