ピアノ教室の選び方とは?最高の先生に出会う為の2つのコツを解説! | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ピアノ教室の選び方とは?最高の先生に出会う為の2つのコツを解説!

あの黒く堂々としたグランドピアノの姿と、重みのある腹の底まで響きわたるような 重低音とキラキラと輝く高音、演奏者の指からこぼれ出る音色の一つ一つには、 喜怒哀楽などのさまざまな感情が込められており、聴く者の心にグッと染み込んできます。 世界的なピアニストの演奏を聴くと、まるでスポーツのアクロバットを見ているかのような その華麗な指さばきに、思わず見とれてしまったことがあるのではないでしょうか? この世には、星の数ほどの楽器があるのですが、ピアノの存在だけは格別であるような気がして なりません。

というのも、子供の習い事や、大人むけのレッスンの中でも圧倒的に人気を誇っているのが ピアノだからです。 ちなみに「もしもピアノが弾けたなら」という曲をご存じですか? もしもギターが弾けたなら、もしもウクレレが弾けたなら、もしもバイオリンが弾けたなら・・・などという 曲は存在しないことからも、ピアノの存在が特別であることが理解できるかと思います。 これほどまでにピアノは多くの人の憧れの対象となっているのですから、何とかしてピアノを上達させたいと 強い想いでいっぱいになっている人も多いでしょう。

スポンサード リンク


問題は、どんな方法でピアノを練習するかがカギを握っています。 もちろん独学でできる人は、自分のペースで好きな曲の楽譜を買ってきて、どんどん上達させていけばよいのですが、 それが厳しいのであれば、先生を探して、レッスンを受けるのが最適です。 そこで、良いピアノ教室の選び方のコツを2つお話しします。

ピアノ教室の種類を選ぶ

大きく分けて、楽器店と音楽教室が同時に運営されているような楽器店の教室と、先生の自宅に行って、レッスンを言受けるケ自宅レッスン教室の2種類があります。 それぞれの特徴は以下の通りです。

1:楽器店の教室

■メリット
・街の中心地や駅付近に存在することが多く、通うのに便利
・入会前に体験レッスンがあるので雰囲気を知るのに役立つ
・グループレッスンに参加すれば、仲間ができやすい
・個人レッスンに参加すれば、徹底的な指導が期待できる
・演奏会で他の楽器を習っている人と合同演奏をする機会がある
・レッスンのついでに楽譜や楽器を買いにいくことができる
・お店のスタッフから有力な情報が入手しやすい
・お店での買い物で割り引きなどの特典が付されていることがある。


■デメリット
・教室のレッスンの時間帯や曜日が固定されているため、融通が利きにくい
・レッスンが開始されるまで先生と顔合わせができないことがある
・レッスンの内容や教材に限度が設けられることがある

2:自宅レッスン教室

■メリット
・レッスンの時間帯や回数を自分の都合で決めさせてくれる可能性が高い
・個人レッスンなので細かい指導が受けられやすい
・自分の希望を聞き入れてレッスンに反映してくれる可能性が高い

■デメリット
・完全な個人レッスンであるため、他の生徒と交流をする機会がなかなか持てない
・近所に先生がいるとは限らず、通うのが大変であることがある

先生を選ぶ

ピアノ教室の種類選びが決定したら、次は先生が自分にぴったりなのかどうかを自分の目で選び抜くことが大切です。 というのも、物事を最短最速でマスターするには、その道での成功者を探し弟子入りするに尽きるからです。 学生時代を思い出して欲しいのですが、どの科目を勉強するにしても、先生がいたはずです。

そして先生があなたの勉強法をアドバイスしてくれ、仮に間違っている事をしていたら、正しい方向に軌道修正してくれたはずで、そのお陰で、脱線せずに乗り切れるのです。 ピアノもこれと同様、やはり先生の存在は貴重です。 その際に注意しなければならない事が4つあります。

1:将来像をイメージできる人

弟子は先生の背中を見て育ちます。 ですので、あなたが将来、人を感動させるような演奏ができるようになりたいと思っていたにもかかわらず、先生が立派なピアニストであったとしても、お金儲けのことばかり考えていたり、派手な格好をして毎晩豪遊しているのであれば、先生に選ぶ意味がありません。 ですので、あなたの目指す将来像と一致した人を選定するようにしましょう。

2:同じ空間を共有できる人

先生を実力だけで選ぶ方法もありますが、嫌味っぽかったり、生理的に許容しがたい変な癖がある人を選んでしまうと、同じ時間を共有することが苦痛になってしまいます。 これでは本末転倒ですので、必ず同じ空間で過ごせる相手かどうかをきちんとチェックしましょう。 できれば、仕事もプライベートも関係なく、この人と一緒に人生を共にしたいと思える人が妥当です。

3:拒否しない事

これから厳しい試練が待ち受けているのは予想できると思いますが、何か先生から頼まれたり、課題が出されたりした場合は、絶対に拒否せず受け入れる強い覚悟が必要です。 もしかしたら、 「はじめて実践することだから自信がない」 「失敗したら相手にしてくれなくなってしまいそうで怖い」 などと不安もあるかもしれませんが、ここで拒否してしまうと、先には進めません。

これは自分が成長するための試練の時だと前向きに受け入れ、とりあえず「やります!」と宣言し、あとから実践方法を一生懸命考えるようにしましょう。

4:受け身の姿勢であってはならない事です。

先生さえ見つかってしまえば、自動エスカレーターに乗ったかのように、簡単に成功できると思っている人もいるかもしれませんが、そのような受け身の姿勢では決して成功できません。 あくまでも自分から積極的に先生のノウハウ、思考を盗みに行くという貪欲な意識が必要です。

以上が先生選びの重要ポイントでした。 やはり物事を成功させるには険しい道を避けることはできません。 「先生とは運命共同体!今までの人生を放棄する!」と思えるほどの覚悟を持って先生を自分の目で選び抜いてください。 そして、歴史を塗り替えるほどに、メキメキと腕を上げてください。 実際に、多くの実績を誇る、ベテランのピアノの先生に出会ってレッスンを受けたい人向けに、以下のような サービスがあります。

>>>シアーミュージック無料体験レッスン

>>>音楽教室ミナトミュージックサロン

>>>小林音楽教室

私自身、素晴らしい先生に出会って腕を上達させた経験についてはプロフィールページでお話した通りですが、 先生との出会いで人生が変わるのは事実です。最高の先生を自分自身の目で見極めてください。
スポンサード リンク


    本日の要チェック情報!

    スポンサード リンク

    ジャンル別

    プロフィール ショパン情報 ピアノ名曲おすすめ集 ピアノ上達法 ピアノ環境構築 ピアノニュース