雨だれの前奏曲【解説と聞き比べ動画】 | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



雨だれの前奏曲【解説と聞き比べ動画】

雨だれの前奏曲は、ショパンのプレリュードOP.28-15のピアノ曲です。

この曲は、地中海にあるマジョルカ島へ転地療養に行っていた時に 作曲された曲といわれています。

右手のソの#の音が軒下に垂れる雨垂れを表現しています。

とくに中間部は激しく降りしきる雨を感じさせる情景が 思い浮かびます。

この激しい雨がやむと、また清々しい主旋律が登場して、 とてもホッとした気分になります。

ヴァレンティーナ・イゴーシナ

女流ピアニストのヴァレンティーナ・イゴーシナの雨だれの前奏曲です。

しっとりとした主題と、中間部の陰鬱な部分のコントラストを 詩情溢れる演奏を披露してくれます。

ルービンシュタイン

ポーランドの巨匠といわれているルービンシュタインの雨だれの前奏曲です。

やや早めのテンポでの演奏となっていますが、決して破綻せず、きちんと スピードのコントロールが行き届いた演奏となっています。

ホロヴィッツ

熟年になった頃のホロヴィッツの雨だれの前奏曲です。

若干録音の質が悪いのと、演奏にムラが残る点があるにしても、 聴くものを幸せにする魅力のあるのがホロヴィッツの演奏の特徴です。