ピアノを置く場所はどこか望ましいか?6つの着眼点を解説します | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ピアノを置く場所はどこか望ましいか?6つの着眼点を解説します

ピアノは結構多くのスペースをとりますし、重たいので、頻繁に移動させることは難しいです。 事前にどこの部屋に、どんなことに注意して置くべきかについて、以下を6点を考慮して場所を検討しておく必要があります。

1:温度湿度

ピアノの音は、ピアノを置く環境によって大きく左右され、室温21度、湿度40%が理想と いわれています。ですので、急激な気温の変化が多い場所は避けるようにしましょう。

2:清潔さ

ピアノにホコリでよごれると、故障の原因となります。 ゴミ、ホコリが散在している部屋、冷暖房の吹き出し口に近い場所などは避けるようにしましょう。

3:通気性

また、ピアノは通気が良い場所に置く事が大切で、これによってカビたり、サビたり することを防止できます。 壁際に置く場合は、ピアノと壁は5センチ以上隙間を開けるようにしましょう。

4:集中できる場所

基本的に一人で鍵盤に向かって練習に取り組むわけですので、 できれば、他人の声やテレビの音が聞こえないピアノ専用の個室を用意するのが望ましいです。

5:騒音対策

近所に人が住んでいる場合、ピアノの音を巡ってトラブルが発生するリスクがあります。 防音装置を設置してしまえば済むことなのですが、予算的に厳しい場合は、弱音ペダルを使ったり、 人がいない時間帯を見計らって練習したり、じゅうたんやカーペットを敷いて、音の反射を 意図的に鈍くしたりするなどの工夫をして対応するようにするのが良いでしょう。

6:床対策

ピアノを置く場所がない事に悩む人も多いようですが、ピアノ用床補強を置く床の補強板が一枚あれば、 ここは無理だと思っていた場所にも置くことができるようになることがあります。

>>>Amazonでチェック ピアノ補強ボード

>>>楽天でチェックする ピアノ補強ボード

これを利用すれば、ピアノの重量の分散したり、ピアノの演奏時に起こる振動を分散致し、床を傷めることを防止できます。
スポンサード リンク


    本日の要チェック情報!

    スポンサード リンク

    ジャンル別

    プロフィール ショパン情報 ピアノ名曲おすすめ集 ピアノ上達法 ピアノ環境構築 ピアノニュース