ピアノを処分したい時はこの3つを徹底比較すべし! | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ピアノを処分したい時はこの3つを徹底比較すべし!

楽しい時も、辛い時も、自分の心の支えとなってくれたこピアノに対しては、誰もが愛着が沸くものです。ピアノを手に入れた時は、自分の宝物として一生弾き続けたいと強い想いで一杯だったにも関わらず、ピアノを弾く機会がなくなった、ピアノが古くなったので新しいピアノを買い替えたい、ピアノの修理代が高額すぎる、引っ越しやリフォームのため売却したい・・・など、今使っているピアノを手放すことが必要になることもあるでしょう。

処分をする方法は大きく分けて3つあります。

スポンサード リンク


ピアノを処分する3つの方法の比較

ピアノを処分する3つの方法が考えられます。それぞれメリット、デメリットについてお話しします。

1:ゴミ回収業者を利用する方法

粗大ごみを扱うゴミ回収業者に処分してもらう方法です。

■メリット
①業者が処分してくれる
指定日に指定の場所にピアノを置いておけば、業者が処分してくれるので便利です。

■デメリット
①運ぶのが大変
ピアノはかなり重たく、ゴミ捨て場まで運ぶのが大変です

②自由度が低い
粗大ごみが出せる日に限定があり、いつでも処分できるわけではありません。

③コストが高くつく可能性
せっかく高いお金を払って買ったピアノが1円にもならないことが多い上、処分に費用がかかってしまう可能性も否定できません。

④心が痛む
自分の宝物だったピアノがゴミの山に捨てられ、木っ端みじんに破壊されてしまうことを考えると心が痛みます

2:フリーマーケットを利用する方法

メルカリ、ヤフオクなどのサイトを利用して、個人的に出品をする方法です。

■メリット
①自由度の高さ ピアノ画像を撮影して説明文を記載すれば好きな時に自由に出品できる手軽さがメリットです。

■デメリット
①不確実性
買い手が確実につくかどうか不明です。

②トラブルが多い
価格や送料負担などの条件の取り決めが面倒であったり、相手と途中で連絡がとれなくなったり、料金の未払いが生じるなどのトラブルが発生するリスクが多いです。

3:ピアノ買取業者を利用する方法

ピアノのプロが現状のピアノの使用状況から適正な金額を算定し、買い取ってくれる専門業者です。

■メリット
①プロが査定
プロが査定してくれるので適切な価格設定ができる可能性が極めて高いです

②コストが安く、高額買い取りが可能
 全国に流通ネットワークを持ってたり、自社配送が整備されているため、余計な輸送コストが かからずに済み、結果として、高く売ることができます。

③取引の確実性
個人的な取引になると、途中で連絡が取れなくなったりして、料金の未払いなどのトラブルが 発生するリスクがあります。

④引き渡し先が決まっている
世界各国でピアノを欲しがっている人に大切に使ってもらい、感動の音色を継承してもらえるので、売り手にも買い手にも、お互いに有益です。

■デメリット
①悪質な業者が存在
悪質な業者が存在する場合があり、適正な価格で買取ってくれないリスクが考えられます。 ただ優良な業者は実際に存在し、以下の業者は、幅広いネットワークを持ち、多数の実績があり、高額査定をしてくれるピアノ買取業者です。

>>>ピアノパワーセンター ピアノ買取

>>>奏屋 奏屋

>>>楽器買取アローズ 楽器買取アローズ

自宅で待機していればよいだけなので、本当に便利なサービスです。是非最高値を狙ってみてください。
スポンサード リンク