ショパン革命のエチュード解説と聞き比べ5選-至高の怒りの音楽 | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ショパン革命のエチュード解説と聞き比べ5選-至高の怒りの音楽

ショパン革命のエチュード解説と聞き比べ5選-至高の怒りの音楽
ショパン革命のエチュード解説と聞き比べ5選です。

スポンサード リンク

ショパン革命のエチュード解説

革命のエチュードはショパンの12の練習曲OP.10-12のピアノ曲で ショパンが演奏旅行のためポーランドを離れていた際、 ポーランドのワルシャワが陥落したという通報を得て 憤慨の念を込めて作曲した怒り爆発の音楽です。

フランツリストに捧げられた作品ですが、 あの鍵盤の魔術師といわれるリストもショパンのエチュードは 初見では演奏できないほどの難易度の高い曲集だったそうです。

演奏する人は沢山いますが演奏者の腕によって随分 演奏の表現力が随分変わってくるので聞き比べはうってつけですね。

楽譜どおりに鍵盤を打鍵するだけであれば、さほど 難易度は高くないのかもしれませんけれど、 音楽的な内容や表現力がとてつもなく難しい曲の一つと捉えるのが妥当です。

ショパン革命のエチュード聞き比べ5選

スタニスラフ・ブーニン

1985年の第11回ショパンコンクールでブーニンは革命のエチュードを演奏しましたが 19歳という若さでここまで怒りを表現できるというのはまさに驚きです。

怒りの溶岩が押し寄せてくるような凄みを感じる名演で何度聴いても背筋がゾクゾクするほどの 凄みを感じるのは私だけではないはずです。

ちなみに審査員を務めていた園田高弘氏は「100年に1人出るか出ないかの天才」と評して おり、その実力は桁外れているのは誰の目からも明らかだったのは事実。

私が今まで聴いた革命のエチュードの中で、これを超える演奏は未だに存在しません。

アレクセイ・スルタノフ

1995年ショパンコンクールで2位を獲得したアレクセイ・スルタノフは かなりやりすぎなのではないかといえるような疾風のごとくの凄まじい テンポでの荒々しい革命のエチュードを披露してくれました。

審査員の間でもかなり話題となったにも関わらず、 優勝を逃したのは本当に残念だと思います。

ただ録音が残っているので不幸中の幸いといっても過言ではありません。

ホロヴィッツ

ホロヴィッツの革命のエチュードも、かなり激しい演奏として人気があります。

ホロヴィッツは作品に対する熱い想いを映し出すような情熱 溢れる演奏を聴かせてくれるピアニストで、 少しムラが残るのが残念ですが、それでも聴き手を熱狂させる 凄みを感じる演奏です。

辻井伸行

辻井伸行の録音を聴くと 洗練されたタッチとややハイテンポで演奏している革命のエチュードを 堪能することができます。

明晰であか抜けた表現力の持ち主であることが伺われ、 盲目なのによくこんな素晴らしい演奏ができるなと驚いてしまいます。

マウリツィオ・ポリーニ

マウリツィオ・ポリーニのリリースしたCDの中でも特に有名なのがショパンのエチュード集です。

現代音楽などの難解な前衛の音楽まで弾きこなすほどの天才ぶりを発揮している ポリーニですが、ショパンの演奏についても同様に天才ぶりを発揮してくれており ピアノに向かって激しい感情移入をする彼の演奏はパワフルでかつ詩情豊かである のが大きな魅力だといえます。


スポンサード リンク

まとめ

以上が革命のエチュード解説と聞き比べ5選でした。

スポンサード リンク

■関連情報
ショパン有名な曲聞き比べに戻る



スポンサード リンク


    本日の要チェック情報!

    スポンサード リンク

    ジャンル別

    ジャンル別情報-ショパン情報、名曲情報、ピアノ上達法などお役立ち情報満載 ショパンのすすめサイト管理人プロフィール ショパンのすすめ個人情報保護 ショパンのすすめサイトマップ-サイト全体のコンテンツを一括把握