ショパンワルツ【リパッティ版】CDレビュー | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ショパンワルツ【リパッティ版】CDレビュー

TOSHIBA-EMI LIMITEDからリリースされた リパッティの「ショパン:ワルツ集」をレビューします。

ワルツ集の録音は星の数ほど出回っていますが、 名演といわれる録音は非常に少ないという印象を受けます。

スポンサード リンク


なかでもリパッティの録音は非常に評価が高いといわれています。

リパッティの演奏の特徴は、熱く燃えるような情熱と駆使した 個性的なパフォーマンスでの演奏が魅力的な点です。

ワルツのほかには、練習曲OP.25-5、黒鍵のエチュードOP.10-5、 ノクターン8番OP27-2が収録されていますが、どれもワルツ的な 優雅な雰囲気の曲を意図的に選曲しているという印象をうけました。



ワルツと組み合わせて聴くというのもなかなか良いものだと思いました。

スポンサード リンク