ショパンワルツ【ピリス版】CDレビュー | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ショパンワルツ【ピリス版】CDレビュー

ワーナーミュージック・ジャパンからリリースされた ピリスの「ショパン:ワルツ集(全14曲)」をレビューします。

ワルツ第4番からスタートする珍しい配列の録音です。

ワルツ第4番といえば、ショパンコンクールでブーニンが演奏していて 圧倒的な支持を得た演奏がよみがえって来ます。

スポンサード リンク


ブーニンの演奏が男性的な力強い演奏であるのに対して、 ピリスの演奏は、女性であることも影響しているのかもしれませんが、 しっとりとした洗練されたサロン的なおしゃれな演奏を披露してくれます。



最近の録音であるため、音質がとても良いというのも 非常に魅力的な点の一つです。

スポンサード リンク