ショパンポロネーズ【ポリーニ版】CDレビュー | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ショパンポロネーズ【ポリーニ版】CDレビュー

ユニバーサルミュージックからリリースされた ポリーニの「ショパン:ポロネーズ集」をレビューします。

圧倒的なテクニックと完璧さで1960年のショパンコンクール第6回を 満場一致で優勝しているポリーニですが、 ショパンコンクールでは5番のポロネーズを完璧に演奏していました。

スポンサード リンク


18歳という若さで、最難曲であるこの5番のポロネーズを演奏した 審査員はみな度肝を抜いたそうです。

この録音を聴いていて思ったことは、随分ゆったりとしたテンポで 演奏することもあるという意外なポリーニの側面を垣間見ました。

なかでも英雄ポロネーズは非常にゆっくりとしたテンポで、 滑らかな演奏をしていて、本当にポリーニの演奏なのかと思えるほどです。



遺作やアンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズOP.22が収録されていないのは 残念ですが、十分聞き応えのある録音です。

スポンサード リンク