ショパンエチュード【ベレゾフスキー版】レビュー | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ショパンエチュード【ベレゾフスキー版】レビュー

ワーナーミュージック・ジャパンからリリースされている ボリスベレゾフスキーの「ショパン:練習曲集」のレビューです、。

ボリスベレゾフスキーはチャイコフスキーコンクールの優勝者であり、 かなりの技巧派というのが第一印象である。

スポンサード リンク


ショパン以外にはロシア系の音楽の録音がたくさん残っていて、 難曲をアッサリと弾ききってしまうという凄さがあります。

ちなみにこのショパンエチュードですが、予想に反してスピードは緩めです。

リストの超絶技巧練習曲を録音しているが、これがかなりハイテンポで 技巧バリバリの演奏だったので、ショパンエチュードもそうなのかと 思っていましたが、あまり技巧を誇示していないという印象です。



ポリーニ版が完璧な技巧で圧倒させる演奏であるとしたら、 ボリスベレゾフスキーの演奏は親しみを感じる演奏です。
スポンサード リンク