ショパンピアノ協奏曲【バレンボイム版】CDレビュー | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ショパンピアノ協奏曲【バレンボイム版】CDレビュー

ユニバーサルミュージッククラシックからリリースされた ダニエル・バレンボイムの「ショパン:ピアノ協奏曲」をレビューします。

バレンボイムといえばドイツ系の音楽であったり、ベートーベンや ブラームスの演奏を得意としている印象をうけるかもしれませんが、 ショパンも重要なレパートリーとしています。

スポンサード リンク


ショパンの録音もかなり多く残しているので、得意としているようです。

バレンボイムも今や巨匠の領域に到達したといえる円熟した演奏を 聴かせてくれます。

なんとなくルービンシュタインの演奏に近いものを感じます。

この演奏もオーソドックスなスタンダード版の録音として 相応しい演奏といえます。



ちなみにライブ盤の録音ということで観客の拍手まで聞こえてきて 自分も拍手をしたくなるという気分になります。

自宅で演奏会会場に居るような気分にさせてくれる演奏です。

スポンサード リンク


    本日の要チェック情報!

    スポンサード リンク

    ジャンル別

    プロフィール ショパン情報 ピアノ名曲おすすめ集 ピアノ上達法 ピアノ環境構築 ピアノニュース