ショパンバラード4番【解説と聞き比べ動画】 | ショパンコンクール中継動画・楽譜CD専門店【ショパンのすすめ】



ショパンショッピング



ショパンバラード4番【解説と聞き比べ動画】

ショパンバラード4番は、バラード曲集の4番OP.52のピアノ曲です。

ショパンバラードの4曲の中では、最も難しい曲と言われています。

特にコーダに差し掛かってからは、休む間もなく、ひたすら難しい パッセージが連続して出現し、演奏者の腕の見せ所となっています。

このバラード4番は確かに難曲ですが、難しい箇所を分解してみると 各種エチュードで練習したようなパッセージの組み合わせであることに 気付くとおもいます。

ですのでOP.25-8、OP25-8、OP10-10、OP25-12などを徹底的に練習しておけば あとはパッセージを繋ぎ合わせることによって曲が完成します。

決して諦めないで欲しいです。

スポンサード リンク

ブーニン

1985年ショパンコンクールライブでのブーニンのバラード4番です。

19歳という若さでこの難曲をコンクールで選択するブーニンの力量には 恐れ入ります。

コードは非常に難しいですが、超スピードで乗り切るとてつもない テクニックにも圧倒させられます。

現在これを越えるバラード4番は存在しません。

クリスティアン・ツィマーマン

1975年ショパンコンクール優勝者のクリスティアン・ツィマーマンのバラード4番です。

安定した技術力で、難しいパッセージも堂々とクリアしています。

一音一音を安易に弾き飛ばすことは一切しないのがツィマーマンの演奏の特徴です。

ユリアンナ・アブデーエワ

2010年ショパンコンクール優勝者のユリアンナ・アブデーエのバラード4番です。

テンポはややゆっくり目の演奏ですが、女性にしては、かなり力強い演奏 といえます。

アシュケナージ

かなり円熟期に入ってからのアシュケナージのバラード4番です。

相変わらず、安定したテクニックと音楽力で、最後まで安心して聴きとおせる ピアニストです。

お手本になるスタンダードのバラード4番だといって過言ではありません。

スポンサード リンク