お酒をテーマとしたピアノ名曲ベスト3 | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



お酒をテーマとしたピアノ名曲ベスト3

お酒といえば、タバコと同様、身近にある嗜好品です。 日本酒、ビール、ワイン、ウイスキーなど、その種類は驚くほど多く、 適度なお酒は快い興奮と陶酔の世界へと導いてくれ、 しかも雄弁で社交的な性格にしてくれるのが魅力的です。 歴史上の偉大な音楽家にもお酒好きが存在し、例えば、ベートーベンは ワイン、ブラームスはウイスキー、そしてブルックーはビールをこよなく 愛していたと言われて、こういった背景からお酒にちなむ名曲も生まれています。

スポンサード リンク


1:ヨハンシュトラウス「酒・女・歌のテーマによる交響的変容」



ウィーンの遊び心をオモシロおかしく表現したこの曲は、いくつものワルツが 組み合わさった楽しげな曲です。 まさにお酒を飲みなが聴くにはうってつけな曲です。 ちなみにゴドフスキ―が編曲がした壮大華麗な作品で、かなりの超絶技巧が要求される難曲で、超人的な技巧を持つマルクアンドレアムランがあざやかに弾き切っているのには 驚嘆させられます。

2:ヴェルディ「乾杯の歌」



歌劇「椿姫」で歌われる曲で、ビアホールによく耳にすることがある 傑作です。 この陽気な曲想を聴くと、ビール栓を抜いた時の喜び、そしてキンキンに 冷えた黄金色の液体を喉を潤すときの爽快感を描写した曲のように思えて なりません。 歌劇で有名とはいえ、ピアノソロの楽譜も出ているので、酒場にピアノがあれば 是非演奏したい曲です。

3:マーラー「大地の歌」



交響詩の中の第一楽章の「大地に哀愁をうたう酒の歌」があります。 中国の唐の時代の詩人である李太白の詩をベースとした作品なのですが、 お酒を通じた東洋的厭世観を、悲壮的ではあるものの、しみじみと歌っているのが印象的で とても味わい深い仕上がりになっています。 これもピアノソロ版が出ており、あまり知られていないのは残念です。
スポンサード リンク

    本日の要チェック情報!

    スポンサード リンク

    ジャンル別

    プロフィール ショパン情報 ピアノ名曲おすすめ集 ピアノ上達法 ピアノ環境構築 ピアノニュース