ショパンピアノ協奏難易度【10段階評価】!コンクールを目指すなら必須 | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ショパンピアノ協奏難易度【10段階評価】

ショパンピアノ協奏(コンチェルト)の難易度を10段階評価しました。

1(易)⇒10(難)です。

ショパンの中でも最難関の部類に入ります。

演奏技術もとても難しいですが、オーケストラとの競演という共同作業が必要になる ことにより難易度が更にアップします。

ショパンピアノ協奏に取り組む方は、ほとんどが音大を目指す方や コンクールを目指す方だと思います。

他のショパンの曲集を一通り練習し、最後の仕上げとしてショパンピアノ協奏に 取り組んでみると良いでしょう。

中でも1番の2楽章及び、2番の2楽章は、比較的取り組みやすいと思います。

両方とも独奏曲の楽譜が出版されていますので、これを事前に取り組んでおくと 良いでしょう。

スポンサード リンク

曲目一覧

●ピアノ協奏曲第1番第1楽章 OP.11-1 難易度10
●ピアノ協奏曲第1番第2楽章 OP.11-2 難易度8
●ピアノ協奏曲第1番第3楽章 OP.11-3 難易度10
●ピアノ協奏曲第2番第1楽章 OP.21-1 難易度10
●ピアノ協奏曲第2番第2楽章 OP.21-1 難易度8
●ピアノ協奏曲第2番第3楽章 OP.21-1 難易度10


■関連情報
ショパンピアノ協奏曲全曲解説【動画付き】
スポンサード リンク