場を盛り上げるピアノ名曲ベスト3 | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



場を盛り上げるピアノ名曲ベスト3

誕生日、パ-ティー、園遊会、晩餐会、同窓会、忘年会など、音楽 が華やかさや和やかさを盛り立てることは大いにあります。 明るくて、一緒に口ずさみたくなるようなわかりやすいメロディーの曲で あるのがうってつけかと思います。

スポンサード リンク


1:ヨハンシュトラウス「美しき青きドナウ」



この曲はヨーロッパ中を夢中にさせたウィンナワルツの系列の音楽で、 軽快な3拍子の円舞曲が大好評だったといわれています。 とにかく聴いているだけでテンションがあがり、本場のウィーンを旅行している気分 にもなれますし、食事やおしゃべりが盛り上がることは間違いありません。

2:エドゥアルド・ディ・カプア「オーソレミオ」



これはイタリア歌曲として有名な作品です。 そもそもイタリアの音楽は、その陽気さと情熱を売りにしている のが特徴で、お酒でも入った状態で背後から甘い歌声が聴こえたら、 決して悪い気分にはならないでしょう。 ピアノ編曲版の楽譜も出ており、歌に合わせてピアノを弾くと、さらに 盛り上がることが期待できます。

3:イバノビッチ「ドナウ川のさざなみ」



異なった曲想が次々登場することもあり、短調で飽きることもなく、 曲を通じて場の雰囲気を明るく華やかに?、洒落た感じにしてくれる 名曲です。 オーケストラで演奏されることが多く、ピアノ学習者にはあまりなじみのない作曲者 ですが、ピアノソロバージョンの楽譜も出ており、ピアノが弾ける人は、積極的に 演奏して欲しい曲です。
スポンサード リンク