ショパンロンド全曲解説【動画付き】!マイナーであるが名曲です。 | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ショパンロンド全曲解説【動画付き】

ロンドとは、フランスで確立された音楽形式であり、 主題が登場する中で、異なる別の主題が演奏される特徴があります。

4曲のロンドをショパンは作曲していますが、ロンド形式はショパンは あまり得意ではなかったように感じます。

演奏される機会もほどんどありません。

ショパンマニアの方は、是非ともロンドの布教活動をしてください。



なおCDをチェックしたい方はコチラ!

お店によってポイントが利用できたり、価格が異なるのでじっくり比較しよう!

タワーレコードでチェックする
Amazonでチェックする Amazonでチェックする
HMVでチェックする icon

ショパンロンド第1番 Op.1


ショパンの記念すべき第一弾がこの曲。

作品番号1です。

ショパンの初期の作品ということで傑作といわれるレベルには達しているというには 至りないという感じです。

演奏される機会も非常に少ないです。

ただ、快活なパッセージで始まる主題や、情熱的な箇所、甘美な箇所などが 曲に盛り込まれていることを考えると、ショパンが早熟であったことが 予想できます。

ピアノの演奏技術面についても中級以上のレベルですので 決して易しい曲ではありません。

ショパンの初期の曲に触れるという事に大きな意味があると思います。

ショパンロンド第2番 Op.16


このロンドの特徴は、序奏がかなり長く、規模が大きいという点です。

別名「序奏とロンド」と呼ばれることもあるそうです。

このロンド主題には、ポーランドのクラクフ地方で生まれた民族舞踊である クラコヴィアクのリズムが用いられているというのも大きな特徴です。

ショパンロンド第3番 Op.5【マズルカ風ロンド】


3拍子のユニゾンの序奏で開始し、マズルカのリズムを駆使した主題が 登場します。

ショパンが16歳の時の作品であり、16歳とは思えないほどの独創性や 音楽性を兼ね揃えていることには驚かされるばかりです。

2010年のショパンコンクールでは、選択曲目が増えたためか、 この曲を選択している演奏者が何人かいました。

もっとメジャーな存在になって、頻繁に演奏されるようになるのが 望ましいと思っています。

ショパンロンド第4番 OP.73


ショパンの死後に出版された遺作となるロンドです。

ユニゾンの長い序奏を経て、快活なロンドの主題が登場します。

明るさともの悲しさの2つの局面を兼ね揃えた一曲です。

3連符の急速なパッセージが腕の見せ所となるのでしっかり練習しましょう。

ちなみに2台曲用の編曲楽譜も出版されています。