ショパンコンクール優勝者動画一覧!ポリー二、ブーニンなどの若き日の映像は必聴 | ショパンを弾くには?曲の難易度、曲目解説、ピアノの弾き方を解説



ショパンショッピング



ショパンコンクール優勝者動画コーナー!

ショパンコンクールの正式名称はフレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクールと言われ、1927年に第1回が開催されて以降、権威あるコンクールの一つと言われています。

とくにピアニストを目指す者にとっては最高の登竜門と見られ、世界各国から腕を奮って参加してきます。

エリザベート王妃国際音楽コンクール、チャイコフスキー国際コンクール、とショパンコンクールは3大コンクールと呼ばれています。

中でもショパンコンクールはピアノ部門しかないという非常に珍しいコンクールです。

ショパンが一生涯ピアノを愛し続けたからでしょう。

ショパンコンクールで優勝するということは世界から実力が認められ、世界中で演奏する水準に達していることが証明されたことになり、大変誇れることです。

ショパンコンクールは5年に1度開催されるビッグイベントで、コンクール近くになると、音楽関係者一斉に最新情報を求めてネットや動画を閲覧するという現象が起きています。

ちなみにこちらでも最新のショパンコンクールのトレンド情報をリアルタイムに配信しているので是非ご利用して下さい。

スポンサード リンク



ちなみにショパンコンクール優勝者になった者は一体どのような人生を歩んでいるかご存知ですか?

ショパンコンクールで優勝したら、一生世界的な活躍をするピアニストばかりなのであろうと思われるが、実際は必ずしもそうではないようです。

ほとんどのショパンコンクール優勝者は世界的に活躍していますが、たとえば、第5回の1955年のショパンコンクールで惜しくも優勝を逃した第2位のウラディーミル・アシュケナージがその典型例です。

彼は1位を逃したにも関わらず、今では膨大な録音を残し、指揮者としても目覚ましい活躍をしています。

一方このとき1位であったアダム・ハラシェヴィチは、今ではどちらかというと無名の存在です。

CDもあまりリリースしてませんし、演奏活動もあまりしていないようですし・・・ という感じで、世の中からあまり顧みられない存在になってしまうという場合もあります。

なおマウリツィオ・ポリーニ、マルタ・アルゲリッチ、クリスティアン・ツィメルマン、 ダン・タイ・ソン、スタニスラフ・ブーニン、リ・ユンディ、ラファウ・ブレハッチなどのようにショパンコンクール優勝者で、現在もなお健在に活躍しているピアニストもいます。

彼らのショパンコンクールでの映像が現在でも見ることができるのは、ショパンファンにとって至上の喜びです。

ショパンを解釈するにあたり、彼らの演奏を聴くことは有意義なことです。

ショパンコンクール優勝者 ごとにyoutube動画、CD、コンサートチケット情報をまとめてみましたので是非お聴き下さい。

なお、録音が存在しないものや、優勝者が出なかった年については掲載していません。

ショパンコンクール優勝者リスト

1960年 マウリツィオ・ポリーニ(Maurizio Pollini)

1965年 マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich)

1970年 ギャリック・オールソン(Garrick Ohlsson)

1975年 クリスチャン・ツィマーマン(Krystian Zimerman)

1980年 ダン・タイ・ソン(Dang Thai Son)

1985年 スタニスラフ・ブーニン(Stanislav Bunin)

2000年 ユンディ・リ(Yundi Li)

2005年 ラファウ・ブレハッチ(Rafal Blechacz)

2010年 ユリアンナ・アヴデーエワ(Yulianna Avdeeva)

2015年 チョ・ソンジン(seong-Jin Cho)